イベント・セミナー > 併催セミナー >前回(2019年)特別講演

特別講演

「働き方改革」「キャッシュレスのポイント」など、今話題のテーマで特別講演を開催しました。

2019年10月9日(水) 10:00~10:45

小売業における最新AI活用事例とメガネ業界への応用

(株)野村総合研究所
AIソリューション事業部
マーケティング・コンサルティンググループ
上級コンサルタント

佐々木 俊

近年発展が著しい各種AI関連技術が店舗業務、接客業務にどのような進歩
をもたらすのかを踏まえ、メガネ業界各社がAIをどう自社の経営改革に活用していくべきかを各種事例を通じて解説します。

講演者プロフィール
1990年野村総合研究所(NRI)入社。
専門は先端技術を用いた新規事業開発、および新規事業開発コンサルティング

 

2019年10月9日(水) 15:00~15:45

コミュニケーションするだけではダメ!売上が確実にアップするソーシャルメディアの活用方法とは?

トランスコスモス(株)
DEC統括 DX本部
執行役員

所 年雄

企業と消費者が ソーシャルメディアを介して、直接コミュニケーションを行うことが日常となっている今、企業におけるSNSの活用はどうあるべきか? 各SNSの特長を活かした、売上拡大につながる消費者とのコミュニケーションや、アカウントの運用方法について大手企業の事例をもとに詳しく紹介させて頂きます。

講演者プロフィール
1999年にトランスコスモス株式会社入社。2012年よりカスタマー・エクスペリエンス向上を目指し、ソーシャルメディアを通じた感動体験を提供する顧客コミュニケーションサービスの開発を推進しており、各種メッセンジャープラットフォームと連携した bot/AI の導入が好評を得ている。特にLINEを利用したサービスでは、マーケティング領域からカスタマーコミュニケーションまでフルファネルに対して各ステージで必要な機能を提供。現在ではそれらに加え、デジタルマーケティング部門も統括し、これまで培ってきたコミュニケーションサービスとWeb制作サービスを融合した「感情を感じられる」情報提供サービスの開発を目指している。

 

2019年10月10日(木) 10:00~11:30

離職率4.5%、人が辞めないビームスの採用戦略

(株)ビームス
人事業務部
副部長

関 孝和

採用活動において、とかく個人の能力にフォーカスしがちですが、優秀な人材が成果を出すとも限らないのが、人事の面白いところです。当社においては、むしろその「間」、ミッションとのマッチングや、すでにいるスタッフとの相性(受容度)を重視して採用活動を行っております。1(人)+1(人)=2(成果)ではなく、1(人)+1(相乗効果)+1(人)=3(成果)となることが単に業績が良くなるだけでなく、その人の人生に幸せをもたらし、社会貢献につながるものと考えます。そのための具体的な採用指標をお話ししたいと考えております。

講演者プロフィール
千葉大学文学部在籍時、演劇、思想に嵌り、留年して将来を模索。卒業後百貨店に入社、主に外商管理系に在籍し、外商企画、予算実績管理、与信管理、債権回収などを担当する。2001年株式会社ビームスに入社、原宿にあるビームスFにてクロージング販売を担当する。百貨店との商習慣の違いに驚きつつも、自身には合っていると確信する。
2002年販売業務部に異動、店舗運営管理、採用、評価等幅広い業務に携わる。2007年、社員が1000名を超え、さすがに手が回らず、人事領域専門の人事業務部発足と同時に現職。

 

シップス流新しい時代の働き方 ~社員の可処分時間を2倍にし、文化に触れ販売に繋げる!~

(株)シップス
業務管理本部 人事部 兼 総務部
部長

橋本 匡輔

「お客様のためにお店に残ります!」「店長が帰るまで帰りません!」「商業施設の営業時間が21時までと決まっている!」「お店の人たちが遅くまで頑張っているので、本社も頑張ります!」こんな声が飛び交う現場が多い。小売やサービス業では絶対に無理と思っていた働き方改革ですが、少しだけ考え方を変える、見方を変える、やり方を変える、それだけで大きな改革を始めるキッカケになり、取り組んでみて思いもよらない結果が得られました。皆様の働き方改革取り組みのキッカケに繋がるお話が出来ればと思っております。

講演者プロフィール
卒業後約2年間の某民間総合教育機関にて営業を担当後、憧れであったセレクトショップ販売の夢が捨て切れず、1998年SHIPS 梅田店にてアルバイト入社
1999年SHIPS HEP FIVE店にて契約社員登用
2000年同店にて正社員登用 主にメンズドレスフロアにて販売に従事
2002年SHIPS 大阪店にて副店長 メンズフロア全体のマネジメントに携わる
2004年同店にて店長 メンズウィメンズ全フロアのマネジメントに携わる
13年間の店舗経験を経て
2011年本社に転勤異動で人事部人事課課長を経て
2014年人事部長になり、2019年人事部兼総務部 部長
人事部着任時より店舗の環境が更に良くならないかを模索し、働き方改革という言葉がまだ耳慣れない時より、脱長時間労働に取り組み始め現在にいたる

 

2019年10月10日(木) 13:00~13:45

今押さえておくべきキャッシュレスのメリットとは?小売店がこれから取るべき施策

(一社)キャッシュレス推進協議会
事務局長 常務理事

福田 好郎

日本は、少子高齢化時代を迎え、社会の効率化が一層求められるようになってきている。キャッシュレス推進協議会は、2018年7月の設立以降、我が国におけるキャッシュレスの普及促進に向け、様々な活動を行っている。本セッションでは、小売業におけるキャッシュレスの重要性と導入のメリットをお示しする。

講演者プロフィール
慶應義塾大学卒業後、国家公務員、野村総合研究所を経て、2007年にエヌ・ティ・ティ・データ経営研究所入社。
決済領域やオープンAPI等金融分野を担当するコンサルタントとして活躍する。
2018年7月、キャッシュレス推進協議会設立時より現職。
年間プロジェクトの運営管理とファシリテーションを担う。

 

2019年10月9日(水) 12:00~12:45

OWNDAYS 田中が考えるメガネ業界と小売業界の10年後

(株)オンデーズ
代表取締役社長

田中 修治

14億の負債を抱え倒産寸前だったメガネチェーンを10年間で世界11ヵ国に進出しV字回復させた「OWNDAYS」の田中社長にメガネ業界や小売業界の10年後について議論し、未来を見据えて今何ができるかを導き出します。

講演者プロフィール
10代の頃から起業家として活動。2008年に巨額の債務超過に陥り破綻寸前だったメガネの製造販売を手がける株式会社OWNDAYSに対して、個人で第三者割当増資引き受け同社の筆頭株主となり、同時に代表取締役社長に就任。

2013年よりシンガポールを皮切りに海外進出を開始。現在、12か国320店舗(2019年8月現在)展開し、独自の経営手法により、事業拡大と成長を続けている。

2019年1月には、LVMH系のファンドと三井物産の投資事業子会社からOWNDAYSへの資本参加を受け、第三者割当増資と同時に個人保有株式の一部を売却したものの、引き続き大株主および代表取締役社長として経営を担っている。

企業再生の経緯をベースとした著書『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語』を幻冬社より出版。

(株)幻冬舎 
  編集本部

箕輪 厚介

モデレータープロフィール
2010年双葉社に入社、ファッション雑誌の広告営業として四年間、タイアップや商品開発、イベントなどを企画運営、『ネオヒルズジャパン』与沢翼 創刊。

2014年から編集部に異動し『たった一人の熱狂』見城徹/『逆転の仕事論』堀江貴文/『空気を読んではいけない』青木真也 2015年7月に幻冬舎に入社。

東洋経済オンライン、アドタイでコラム。オンラインサロン「箕輪編集室」主宰、堀江貴文大学校で特任教授など。

「多動力」堀江貴文・「ネオヒルズジャパン」与沢翼・「悪意とこだわりの演出術」藤井健太郎の3冊でアマゾン総合ランキング1位を獲得。
他に「日本3.0」佐々木紀彦、「空気を読んではいけない」青木真也、「まだ東京で消耗してるの?」イケダハヤト、「新企画」鈴木おさむなど。堀江サロン教授、渋谷のラジオ、ニューズピックスブック創刊。

2017年10月合同会社波の上商店を設立。

※敬称略

併催セミナー 一覧